インストール不要のソフトウェアを環境変数にPath登録して「ファイル名を指定して実行」で起動出来るようにする

インストーラーでインストールしたソフトウェアは、大体パスが通っているので、プログラム名から実行で起動ができるけど、サクラエディタはインストーラーを使用していなかったし、パソコンを乗り換えたタイミングでサクラエディタのPath追加を行っていなかったので「ファイル名を指定して実行」で起動できなかった。Pathの追加をすれば上記の起動は出来るようになるけど、パソコンを乗り変えてからのここ2ヶ月はマウスでアイコンをクリックすることで起動していた。けれども、マウス操作で起動することの面倒さに負けたので結局登録することにしました。

手順

1.今回は「Cドライブ」直下に「001_Date」フォルダを作って、その中にサクラエディタのフォルダを丸ごと配置しているのでこのパスを全部コピーする。

2.「Windowsボタン + E ボタン」でエクスプローラーを開いて、階層を一つ上がる。

3.「PC」アイコンを右クリックしてメニューを開く。

4.開いたメニューのうち「プロパティ(R)」を選択。

5.「システムの詳細設定」をクリック

6.「システムのプロパティ」が開くので「詳細設定」タブを選択し、「環境変数(N)…」をクリック。

7.「システム環境変数(S)」の領域にある「Path」を選択し「編集(E)…」をクリック。

8.「新規(N)」をクリック。

9.環境変数名一覧の一番下の欄が入力可能状態になるので、ここにコマンドとして使用できるようにしたいプログラムが格納されているフォルダを入力すればよい。

10.今回の場合は、事前にコピーしておいたサクラエディタまでのパスを張り付け入力する。あとは「OK」ボタンを押して完了。

動作確認①

①-1.「Windowsボタン + R ボタン」を押して、「ファイル名を指定して実行」を開く。

①-2.「sakura」と入力して「OK」ボタンをクリック。

①-3.サクラエディタが起動することを確認。

動作確認②

ひとつめの動作確認でも問題ないけど、コマンドラインからでも起動するか一応確認する。

②-1.「Windowsボタン + R ボタン」を押して、「ファイル名を指定して実行」を開く。

②-2.「cmd」と入力して、コマンドプロンプトを起動する。

②-3.「sakura」と入力して「Enter」キーを押下する。

②-4.コマンドプロンプトからもサクラエディタが起動できることを確認。