日経平均23600円超え年初来高値に迫る

ここ数日、日経平均が好調で大幅続伸の日が続いている。
2018年9月19日(水)の終値は23,672円と、昨年末から年始にかけての価格に迫っている。
2018年の年初来高値は24,124円となっているので、このままの勢いで年初来高値を超えたら更に上げていきそうです。

現在の所、僕は普通株を持っていないので日経平均それ自体は関係ないですが、日経平均に釣られて、東証REIT指数も変動することが多いので気になるところです。実際、日経平均の上昇の合わせて東証REIT指数も上昇しています。上げ幅は比べるべくもありませんが。

あまり上がり過ぎて、NAV倍率が上がり、利回りが下がってくると今月末の権利落ち買いに影響するので購入を予定してた銘柄を変更する必要があるかも。

少なくとも、普通株の個別銘柄に参加する気はまだないかな。年初の下落もまだ記憶に新しいし。

スポンサーリンク