仕事が得意でない人の仕事術

投稿タイトルの「仕事が得意でない人」というのは僕のことである。そんな僕が毎日やっている事と言えば、ExcelとWordで資料を作ってばかりいる。

資料というのは、伝えたいことを伝えるために作るもの。

伝えるためにはどう書こうかな。と、いざ考えてみると、イメージが固まっておらずどう書けばいいのだろうということが多々ある。

そんなときはなかなか作業が進まないもの。

書いては消してを繰り返して、ふと見てみると結局はほとんど白紙のExcelシートが目の前にあるのです。

モニターに映っているものが白紙のExcelシートというのでは辛いもの。そんな時はとりあえずできることをやってみるというのが手段の一つ。では、とりあえずできることは何があるだろうか。

体裁を整える

資料の体裁というと、タイトル、作成者、資料に添付する項目表とかすぐ思いつく部分。項目については多少考える部分もあるけれど足りなければ足せばいいし、多ければ消せばいい。修正は簡単なもの。

結局のところ定型部分を作ってしまうということ。

定型部分のうち、現在の作業と祖語がある部分を修正するだけでとりあえず、白紙からは逃れることができる。

過去の同様の資料からの流用(コピペ)

これは自分が昔作ったものでもいいし、だれかが作ったものでもいい。とりあえず、コピペしてみて直していくと、案外手が進むし、一応のところ人に見せられる状態に持っていくことができる。

正直なところ、僕の作業などというのは、ほとんどこの繰り返し。
というかあえて書く必要のないほど大体の人がやっていることかもしれない。

つまるところ、悩んでると何も進まないのでとりあえず手を動かしてみて、作業しながら考える。案外、形だけでも出来上がってくると「ああ、こここうした方がいいな。」とかって思いついたりする。