お金についての話はあまりしない

僕は老後の備え、且つ趣味として投資をしているけど、他人に投資や、お金の話はしないようにしてる。(このブログでは書いてるけど)

マネーリテラシーって大事だと思うけど、お金についての話って、よっぽど信用してる相手でもない限りしないほうがいいと考えてる。

僕自身が興味持ってるから目につくのかもしれないけど、株とか、投資関連のブログや、記事を見てると、お金の話はタブーみたいに扱われてる。お金の話に消極的。もっとお金こと話してもいいんじゃないの。みたいな意見を目にするようになった。

僕の考えとしては、個人情報明かさずに書いてるブログとかならいいけど、リアルではお金の話はタブーにしといていいと思う。

お金が「ある」とも「ない」とも、どっちも言わなくていい。そもそも言う機会も無いだろうけど。

あんまり居ないとは思うけど、そんなことを聞いてくるような人が居たら「普通ぐらいですかねぇ」とか言って流しとく。

前置きが長くなった。

なんで、リアルではお金の話をしない方がいいかというと、お金が欲しいだの、金がないだのは、人の金を狙う変なやつらが寄ってくる要因になりえるからだ。

変なやつらの具体例。マルチ系、怪しい営業。ろくなのがこない。

金が無いって言ってるなら、寄って来ないのでは?と思いそうなものだけど、マルチ系の場合、お金を儲けたいと思ってる人が狙い目であるため、「お金が無い=お金が欲しい」という判断のもと寄ってくる可能性がある。まあ、連中は見境無さそうでもあるけど。

ちなみに僕も、過去にマルチの勧誘電話がかかってきたことがある。

その時は、暫く会ってなかった友人からの電話だった。久し振りだったので最初は簡単な雑談をしていたが、途中から、今の給料に満足してる?に始まり、副業とか興味ない?に繋がっていった。で、話し聞いてみないかってことで、行ってみたらマルチ勧誘だったというオチ。

僕は気弱で大人しい人間なので、その場は素直に従って、すぐにクーリングオフして、連絡先をブロックしました。確か10万円くらいの何かだった。健康食品かなにかだったかなあ。

その時はまだ若い頃だったので、マルチとか知らなかったけど、当時を思い返しながらここ(マルチ商法を勧誘してくる人の特徴13選|上手なマルチの断り方)みてみると、完全にパターン入ってましたね。

そういえば、人脈を増やせるってかなり連呼してた気がするけど、マルチ系はどこもそうなのかねえ。