投資の始めかた

もし投資に興味があって、始めてみたいのなら、まずネット証券で口座を開設すること。

話しはそれからだ。

そして、NISA口座は申請してから開設まで時間がかかるから、証券口座開設するときに一緒にやっとく。

NISA口座は、特定の投資に関する税金が非課税になる。
絶対に開設した方がいい。
あと、証券会社は何処がいいか、とかは考えなくていい。
開設しただけで金を取られるわけでもないから、悩んだら候補の証券会社で全部口座開設すれば良い。

開設した中から、メインにする口座を一つ使う。

一応、候補だけ挙げる。

僕が開設した口座は10口座くらいあるが、主に使ってるのは2口座だけなので、証券会社名と僕の場合の使用用途を記載する。

  • SBI証券
    インフラファンド、J-RITEメインで使用
    極稀に普通株の取引でも使用

ちなみに、10口座も口座を開設しているのは、IPO投資するためだ。

NISA口座の注意点

1点目
NISA口座は口座開設した証券会社のうち1社にしか開設出来ない。
メインで使う証券会社で開設した方がいいので、これだけは少し考えなければならない。
これも悩んだら、楽天証券かSBI証券でいい。
年またぎの際に、別の証券会社に変えられるから。

2点目
通常のNISA口座と、積立NISA口座がある。
悩んだら通常NISAでいい。

詳細は金融庁のサイトや、ブログなどで書いてる人がやまのようにいるので省くが、

僕としてのポイントは、対象となる金融商品が違うところ。

積立NISAは投資信託のみが対象なのに対し、通常NISAは投資信託に加えて、株式(証券取引所で売買可能な銘柄なので普通株、J-RITE、ETF、インフラファンド、IPO)が対象になっているので、通常NISAで良いと考えている。